「神の手」を探せ! GOD HAND FILE No.1
6/12

写真・イラスト二人の見立て(この患者さんはどこが悪いのかという判断)は不思議なことに一致するという。 院長は「患者さんの身体が本当に欲しがっているツボに鍼灸をおこなうだけ」(ひさ子先生)、副院長はその状態を患者さんの具体的な生活場面を引き合いに出しながら説明し、それを身体で理解してもらい、成功体験を通して生活改善へのモチベーション(動機)にしてもらう。 患者さんは症状が楽になるだけでなく、自分の生活のなかで予防・治療ができることを学習することで、将来的な痛みや疾患から精神的肉体的に自由になれる。それが、本当に治ったということなのである。 最後に、ごく一部になってしまうが、浜口鍼灸院の患者さんのなかから「鍼灸でこんな病気も治るんだ」という例をいくつか紹介しよう。●こんな疾患・難病も鍼灸で良くなる!

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です