「神の手」を探せ! GOD HAND FILE No.1
9/12

GODHAND FILE 浜口鍼灸院び流産をくりかえしていて、願いも虚しく子宝に恵まれなかった。 産婦人科の不妊治療と浜口鍼灸院の「子宝鍼」を根気良く続け、食べ物にも注意をして、とうとう妊娠。流産予防とつわり解消の治療を行い、不育症も鍼灸で乗り越えて無事出産した。 35歳の女性は、突然に耳鳴りがして、右耳が聞こえなくなった。めまいと嘔吐もあり、すぐさま耳鼻科を受診。薬と点滴で、めまいと吐き気はおさまったが、10日たっても右耳は聞こえるようにはならない。 耳鼻科では「普通の人は20デシベル。補聴器なしでは生活ができないレベルが40。あんたは80なので、ひどすぎてもう治らないかも」と言われ、知人の紹介であわてて当院へ。 右耳が聞こえなくなって2週間たっていたが、2回目の治療後、病院の検査で40デジベルに回復。6回目の治療で、30デシベルまで回復。 病院では「ここまで戻れば、日常生活で何も問題ないね」と言われたと、大変喜んでいた。 34歳の女性は、出産後6か月で、突然の耳鳴りと難聴に。病院を受診したが、発症から4日目で当院へ。もともと子宝鍼で当院に通っていた方で、義理の父親の突発性難聴もひさ子先生が治したこともあり、早い段階で来院となった。 3回目の治療で耳鳴りはほとんどなくなり、耳鼻科では「大丈夫そう」と言われた。4回目の治療後、病院の検査では25デジベルまで回復。 突発性難聴も早い段階で来院すれば「すぐに治る」とひさ子先生は語る。■突発性難聴の事例①■突発性難聴の事例②

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です